画面ミラーリングのソリューション

先日導入した「EZCast 4K」のレビュー続きと画面ミラーリングについてあれこれ記録。

EZCast 4Kに関しては,シンプルなAirPlayとMiracast受信機として使う分には順調に動作しています。4Kテレビに接続して使用したところ,ちゃんと2160pの解像度で接続してくれます。

ただし,画面ミラーリングの仕組み上,接続端末(画面送出)側の制限に縛られるので,ミラーリングされる画面が2160pの解像度というわけではありません。端末によってはブロックノイズが酷いものもあります。

EZCast 4Kは工場出荷時には1080pの解像度に設定されていますので,2160pを必要とする場合には設定変更をする必要があります。ただ,1080pと2160pの画面ミラーリングの差を素人目に判別する事は難しく,フレームレートの違いも分かるような分からないような感じです。

今のところは,4Kテレビあるいは4Kディスプレイで使用する場合と,1080p入力か2160p入力かの組み合わせで,違いが出てくる可能性もあるかも知れないといった推測をしています。つまりテレビとディスプレイ側にアップコンバート機能がある場合,その影響を受ける可能性です。

あとは専用アプリを利用してメディアを直接表示させる場合に,1080pと2160pの解像度の違いがハッキリ見えてくるかも知れません。私自身はまだ専用アプリをそれほど利用していないので何とも言えません。

AirPlay時にブラウザ中の動画を全画面再生した場合の挙動は,接続を引き受けて単独で再生する仕組みに対応していますが,どうしても再生開始位置が引き継がれず最初から再生になります。画面を元サイズに戻す場合の挙動は,多少もたつきますが画面ミラーリングに戻るようになっています。

ただ,iOS端末からYouTubeアプリで動画を全画面再生すると制御不能になってしまうバグがあるようです。ブラウザでアクセスした動画から全画面再生させても問題ないので,これはiOS版YouTubeアプリの問題かも知れません。どちらかがアップデートしてくれればいずれ解消すると思います。

Miracast時の使い込みが足りないので細かい挙動がどうなのか見定められていません。Windows10からの最初の接続が厄介のようです。相性がいいものは繋がりますが,相性が悪いとダメのようです。ただ一度繋がれば,基本的な動作に問題はなく,NHK for Schoolも普通に表示させる事ができます。

総じてEZCast 4Kは画面ミラーリングのツールとして合格点をあげられるのではないかと思います。AirPlay方式やMiracast方式への対応だけで,Chromecast方式への対応がない点は残念なところですが。

あと,EZCastシリーズには「Pro」がありますが,画面分割に強い必要性がない限りは,Proの購入は避けた方がよいと思います。どうしても必要ならば有線LAN対応の「Pro Lan」を購入した方がよいと思います。

Chromecast方式に対応するには「Chromecast」が一番手っ取り早いことになります。

Chromecast Ultraが4K/HDR対応のものになります。旧版と違って最初から有線LAN対応するコネクタが用意されているのが長所です。

YouTube動画を2160pの60フレームで再生したい場合には,いまのところChromecast Ultraを利用する他ありません。(4Kテレビに装備されているYouTubeアプリを利用するならば話は別ですが。)

パソコンの場合,Chromeブラウザを動作させておけば,ブラウザの内容だけでなく,デスクトップをミラーリング表示することも可能なので,案外これが一番便利なのかも知れません。

ただし,iOSデバイスからはChromeブラウザ内の動画とYouTubeアプリ内の動画のみ対応となります。画面ミラーリングを利用することができません。そのため,画面ミラーリングのツールとしては選択肢にあがり難くなっているのだと思います。

ところでAmazonが販売しているFire TVFire TV Stickといったデバイスはどうでしょうか。

中でもFire TVは4K対応ですから解像度としては期待できそうです。2017年10月発売予定のNewモデルはHDR対応もなされるそうです。

ただし,従来モデルに限って確認すると,4K対応はあくまでもAmazon提供の4K対応動画コンテンツか,他社が4K対応させたアプリでのみ2160pに切り替えるだけで,普段のメニュー画面や他の画面ミラーリングアプリを使用時には1080pに留まります。Fire TV用のYouTubeアプリで4K動画を再生しても,テレビ側のモードは1080pのままです。(Newモデルも同様と予想しますが,実際はわかりません。)

Miracast方式の画面ミラーリング機能を持っていますが,これもまた端末との相性のせいなのか,うちの研究室の端末で成功した試しがありません。仮に成功しても1080pレベルでしょう。

「AirPlay&UPnP」という有料アプリを利用するとFire TVでAirPlay方式とChromecast方式の画面ミラーリングが利用できます。こちらは解像度は低いのですが,快適そのものです。あまり鮮明さを必要としない場合には,この選択肢もありかとは思いますが,Amazonを楽しむのでなければFire TVのメイン画面がやかましくて,公的な場で使うのは躊躇われます。

Apple TVは,AirPlay方式の画面ミラーリングの定番であり,唯一の受信デバイスです。

利用している端末がmac OS/iOSマシンなら,これで十分と思います。画面分割はできませんが,シンプルに使うなら最も安定性が高いからです。

Apple TV 4KでAirPlayミラーリングをしたからといって,原理的にはEZCast 4Kと同様なので,特別鮮明であるということはないと思います。

EZCast 4KとApple TV 4Kを比較するのは,なかなか難しいですが,EZCast 4KがMiracast方式と専用アプリでAndroidやChromeOSをサポートする全部盛りであるのに対して,Apple TV 4Kは有線LAN対応で純正の安心感があること,そのどちらを取るかによって選択が変わると思います。

業務用であれば,内田洋行「wivia 5」とBLACK BOX社「COALESCE」があります。

マルチプラットフォーム対応でミラーリング画面を画面分割で複数表示したいといったニーズがあるならば,これくらいの価格水準のシステムを導入すべきと思います。

Miracast方式のものであればActiontec Electronics社の「スクリーンビームプロ・エデュケーション2」という製品もあります。

プリンストン社はEZCastシリーズから「EZPRO-LANB01」「EZPRO-BOXB03」を文教向けに提供しています。ちゃんとしたサポートとセットで導入するなら,こちらの選択肢もありかも知れません。

画面ミラーリングの受信をパソコンで実現するソフトウェアもあります。

Reflector」と「AirServer」はこのジャンルでは老舗のソフトウェアです。3方式に対応しているという点ではAirServerが優勢です。

その他にもメディアを伝送して表示させるためのソフトウェアがありますが,安定して動作するものは少ないのではないかと思います。

画面ミラーリングは,本来的にはHDMIケーブルで接続できることが理想ですが,端末側での簡単な操作で手軽に映し出せたり,複数の端末を軽快に切り替えられるのであれば,無線による画面ミラーリングができると有り難いわけです。

使用端末が同じプラットフォームであれば楽ですが,異なるプラットフォームだと,そのソリューションの選択はなかなか難しくなります。一つの商品で解決するか,組み合わせて使い分けるかなど。いつも安定して期待通りに動いてくれるかどうかも,正直なところ使い込んでみないと分からないことも多いです。

すべてを自分で試すことはできませんが,これからもあれこれ情報収集していこうと思います。

「EZCast 4K」ファーストインプレッション

10月に入りました。リん研究室も後期の専門ゼミナールが始まりました。

今回は研究室で新たに入手した画面ミラーリング商品「EZCast 4K」の使用を開始したので、ファーストインプレッションをお届けします。

パソコンやモバイル端末の画面を大型ディスプレイに映し出したい場合、端末と大画面の接続方法には有線と無線の2パターンがあります。

有線接続は堅実な方法ですが、用意したケーブルと端末のコネクタが適合しない場合もあれば、ケーブル長の過不足や取り回しの面倒さが問題になったりすることがあります。

無線接続は、物理的な煩わしさからは解放されますが、画面ミラーリングの方式が複数あるため、受信側機器との組み合わせによって実現できない場合があります。ちなみに主だった画面ミラーリング方式は3種類あります。「Miracast」「AirPlay」「Chrome Cast」です。

もしあらゆる端末に対応できる受信側機器があれば、とても便利なはずです。が、すべての端末に対応したものは、そう簡単には手に入らなかったのです。

この話は、それだけで長くなりますので、別の機会にたっぷりとご披露します。

EZCastは、HDMIプラグ端子を持ったドングル(小さなハードウェア機器)です。

類似商品としては「マイクロソフト Wireless Display Adapter」「Amazon Fire TV Stick」や「Google Chromecast」といったものがあります。テレビのHDMIコネクタ端子に差し込んで使うスタイルのものです。ちなみに形状がだいぶ異なりますが「Apple TV」もライバル商品です

EZCastには、いくつものモデルがあります。数年前から積極的に宣伝されていたのは「EZCast Pro」という商品で、Proモデルだけあって複数端末からの受信とマルチ画面表示に対応しています。今回入手したものは「EZCast 4K」で、Proモデルではないため一対一のシンプルな画面転送機能しか持ちませんが、4K解像度対応という珍しい商品です。この他にも有線LAN接続を可能にしたBOXタイプモデルが国内販売されています。

「EZCast 4K」のパッケージ内容はこんな感じ。

IMG 4576

これが小さな受信機としてパソコンやモバイル端末からの画面データを受け取り、大画面機器で表示させるのです。使途はいたってシンプル。

しかし、使いこなすまでの道のりは優しくないかも知れません。

結論から言えば、専用アプリを使ったセッティングさえ済ませれば、「AirPlay」と「Miracast」方式の受信機として機能してくれます。特別なアプリを使用する必要がありません。よって、Windows、Mac、iPhone/iPadの混在環境での利用に向いています。

残念ながら「Chrome Cast」方式には直接対応してないため、Android端末とChromeOS端末の場合、専用アプリをダウンロードし、それを使ってミラーリングを開始させる必要があります(Miracast方式に対応しているAndroidスマホというものがあれば話は別です)。専用アプリを起動することに納得できれば、使い勝手は悪くありません。

というわけで、一部の機種で専用アプリを利用する点とLinux端末への対応がないことを除けば、「EZCast 4K」は主要な端末の画面ミラーリングに対応した大変汎用性の高い周辺機器といえます。

高いポテンシャルを持っていることは事実ですが、使用環境に応じたセッティングをこなせるかどうかの問題と商品としての使い勝手にまだ粗削りなところも残っているため、初心者も含む万人に勧めるにはまだ少しハードルがあるといった感じです。

たとえばネットワーク接続のこと。

常設されたテレビの裏に同じく常設するのであれば、職場や家庭内のネットワークにEZCast 4Kを加える形で導入することとなり、初期設定のハードルさえ越えてしまえば日常操作に苦労はないはずです。

しかし、EZCast 4Kを持ち運び、出先の場所でその度使うとなると、インターネット接続との兼ね合いをどうするのかという問題が付きまといます。EZCastと端末間の通信はダイレクトに可能ですが、そうなったときにインターネットアクセスができるかどうかは条件次第です。(追記:専用アプリを使うとスマホのテザリング機能を使う手段が用意されていました。) 

また、EZCast 4Kを複数の端末間で切り替えて使うときも注意が必要。

端末を切り替える際は、接続を切断する操作をしてから、順序良く別の端末で繋ぎ直すといった使い方を心掛ける必要がまだあります。画面転送を乗っ取って強制的に端末を切り替える操作には、十分対応できていません。できなくはないけれども、よく失敗するからです。

一度接続がうまくいけば、かなり調子よく動いてくれるのですが、そうでないときは多少根気よく成功まで操作を繰り返すといったこともしなければなりません。

そうした粗削りなところと付き合う覚悟があれば、この商品は日々修正されてアップデートを繰り返しているようですから、いずれは満足のいく動作や安定性を確保できる商品に思います。

「EZCast Pro」と比較すると機能がシンプルかも知れませんが、逆に5GHz帯の無線LANをサポートしている点は優位点です。また、発熱量も1080pレベルで使っている分には温かい程度でおさまっているように思います。もともと4K利用を想定した商品なので、従来環境での利用ならば実力的にも余裕なのかも知れません。

現時点では4K対応テレビで使っていないので、4Kの場合だとどうなのか。近いうちにレポートしようと思います。

いずれにしても「EZCast 4K」はクセさえつかめば、なかなか便利に使える周辺機器と思えました。

教育とICTのウィキペディア開設

教育ICT Wiki
(http://ict.edufolder.jp/wiki/)を開設しました。

 

EduIctWiki

いろいろな情報を集めてはまとめようと努力しているつもりですが、一人ではなかなか手が回らない現実があります。集めても個人発信的だと他者には利用し難いところもあります。

教育と情報(ICT)を軸にした情報蓄積発信サイトを作りたいと考えていました。

すでに多数の情報発信サイトがある中に,貧弱なサイトを立ち上げても対抗できるわけではないのですが,皆さんにもご協力いただける場所をつくることは大事かなと考えて,新たにつくることにしました。

本家ウィキペディアが提供しているMediaWikiというソフトを利用して構築しました。名前はベタが一番だと思ったのでこうなりました。教育とICTの周辺のこともいろいろ入れていこうと思います。

もちろんコントリビューター(編集貢献者)も大募集・大歓迎しています。皆さんのお持ちの情報や実践,過去の記憶や歴史など,ここに記録してください。(運用については,これからいろいろルール作りをします。)

いまは器を作っただけですので,どれだけ中身を充実させられるか,数年は時間をかけて育てていかなければならないかなと思います。生まれたては,手間はかかるし,きっと問題も起こると思いますが,たぶんこういうウィキメディアが必要だと思います。

どうぞよろしくお願いします。

プログラマー「を」育てる教育を

小学校にもプログラミング体験を導入することとなった新たな学習指導要領のもと、学校教育でコンピュータを学ぶ体系的な教育実践が求められています。

情報教育という取り組みは、「情報活用能力」の育成を目指すものです。コンピュータを学ぶということは、情報教育の一部「情報の科学的な理解」に位置づく包含関係にあると考えられます。

またプログラミングは、コンピュータについて学んだことを活用するという点で情報教育の「情報活用の実践力」に位置づけることができ、プログラミングによって生み出した成果が社会に影響を与えると考えれば情報教育の「情報社会に参画する態度」を養うこととも無関係ではありません。

そう考えるとプログラマーは、「情報教育」の目標を極めて高度に体現した存在と言えます。

「プログラミング教育」(プログラミング体験・学習)について語るとき、私たちは注意深くあるべきだと思います。暗黙のうちに抱いているステレオタイプ的な見方を排して、フラットに語れるように間口を広げておくことは重要だからです。

だから小学校段階でのプログラミング体験について人々が語るとき、その取り組みは「コーディングを学ぶことではない」「プログラミング言語を学ぶことではない」「現職の先生たちはプログラミングの技術的なことは学んでいないのだから技術的なことは扱えない/扱わない」「コンピュータ機器等の整備格差があるのだからコンピュータ機器等を使わない方法も必要だ」といった注釈を伴うことも少なくありません。

結果的に小学校段階の学習指導要領やその周辺の語り口は、最大公約数的なところに落ち着くように配慮が働きます。プログラミング体験が「論理的思考力の育成」に軸足を置くのはそのためです。その方が間口が広いからです。

中学校・高等学校に進学し、さらにコンピュータの専門性の高い学習へと進むようになれば、そこで将来的な職業と学校での学びを結びつける際、プログラマー(あるいはIT人材)を目指す子供たちも増えるだろうという組み立てになります。

小学校段階のプログラミング体験と中学校・高等学校段階でのプログラミング学習という流れ。組み立てとしては分かりやすい一方、この組み立ては「悠長」としてないか、という指摘は一つの論点かもしれません。

現状、小学校段階での想定されているプログラミング体験は、「すべての人がプログラマーになるわけではない」という理由で、プログラミング言語や技能を学ぶことは目的としない代わりに論理的思考力を育成することで「情報の科学的な理解」部分を代替し、社会がコンピュータで支えられていることの理解にもとづいて身近な問題に取り組む「情報活用の実践力」と、コンピュータを上手に活用することでよりよい社会を築こうとする「情報社会に参画する態度」の3つが目指された「情報教育」の営みとして描かれています。

ただ、小学校段階のプログラミング体験が論理的思考力の育成色を強めれば、仮にコンピュータを学ぶ機会の確保が十分できなかった場合、中学校・高等学校でのプログラミング学習との結びつきは期待するほど太くならない可能性もあります。そもそも中学校と高等学校のプログラミング学習にもその充実には課題が山積しています。

この話は、「すべての人がプログラマーになるわけではない」という路線を選ぶのか、「すべての人がプログラマーになること」という路線を選ぶのか、という選択の問題とも関わります。

すべての人がプログラマーになる世の中なんてあるはずがないと、鼻で笑われるかもしれません。

ただ、情報教育の目標を高度に体現した人がプログラマーであると考えることができるなら、私たちはプログラマーという意味をもう少し緩やかに捉えた上で目指してよいことになります。

それに「すべての人がプログラマーになるわけではない」という選択肢が、消極的な理由(エクスキューズ)として使われている、どこか後ろ向きな忖度感を抱かせることが残念な気もします。

小学校段階の教育は、特定の職業に結びついた特化した内容を学習することが目的ではありません。とはいえ、情報活用能力が言語能力と並ぶ教科の枠を超えた資質・能力の一つであると位置付けられ、情報教育の取り組みが強く求められていることを考えたとき、その高度な体現者であるプログラマーがこの日本にはもっと必要だと考えることは、決して不自然なことではないと考えます。

その場合の「プログラマー」は、特定の職業ではなく、数理系に偏るものではなく、高度な情報活用能力の体現者であると人々に理解されていくことが必要になります。それを働きかけていくのが社会に開かれた学校の役目となります。

そのことができるのであれば、さらに小学校段階でプログラミング言語や技能を扱ってもよいと考える。それを、直接的には言えない文部科学省の代わりに、総務省や経済産業省が(つまり文部科学省の言外で)そのことを強く発信してくれているのだと考えるべきでしょう。

現状、プログラマーの人たちはそのようなタイプからは程遠いかもしれませんし、日本におけるプログラマーの職業事情は必ずしも幸せでない部分も多く、職業として勧めることが憚れている風潮もあります。

そう考えるとプログラマーと教員というのは、似ている部分もあると思わないではありません。どちらも日本という国での働き方をもっと考え直さなければならないし、社会的な認知や印象も向上さなくてはなりません。

「すべての人がプログラマーになること」を目指すという言葉のもとで、プログラマーという言葉にもっと前向きな意味合いを込めて世の中へと送り出す、そう社会に胸を張って主張していけるような教員へと変身することも含めて、新しい学習指導要領と新しい学校教育に取り掛かりたいものです。

「プログラマーも育てる教育」というよりも「プログラマーを育てる教育」を考えてみることから見えてくるものがあるかもしれません。

360度撮影カメラ2017秋

2017秋に向けて新しいカメラが続々登場しています。

着実に性能が向上して,普段遣いをするのに満足できるものになってきました。いろいろ解説をしたいのですが、とりあえずはどんな商品があるのか,簡単なスペックを一覧してみます。

なお,注目株は「Insta360 One」です。単体利用でカメラの向きを気にしなくてもよい6軸ジャイロによる強力な撮影性能と、まっすぐ繋がっている自撮り棒を消したような撮影が可能です。このお陰で,まるでドローンを間近に飛ばしているかのような撮影ができます(ネットではカメラを振り回してスローモーション撮影するバレットタイムという撮り方が話題になっていますが…)。

リコー社の「THETA V」も,THETAシリーズの真打ち登場といったところ。目的に応じて有力な選択肢です。

Insta360 Nano

単体使用可/要充電/iPhone専用/Lightning端子で接続と転送可/マイクロSD

レンズ:F2.0
写真・動画解像度:3040 x 1520
重量:約70g
参考価格:23,999円
  

Insta360 Air

単体利用不可(カメラモジュールのみ)/充電不要/AndroidとPC,Mac/Micro-USB版とUSB-C版

レンズ:F2.4
写真解像度:3008 x 1504 (3K)
動画解像度:2560 x 1280 (30fps)
重量:26.5g
参考価格:19,999円
  

insta360 One

単体利用可/要充電/iPhone(Lightning)用とAndroid(Micro-USB)用有り/端子接続転送可/BLE4.0/マイクロSD/6軸ジャイロセンサー

レンズ:F2.2
写真解像度:6912 x 3456
動画解像度:3840 x 1920 (30fps), 2560 x 1280 (60fps), 2048 x 512 (120fps)
重量:82g
参考価格:42,999円
  

THETA S

単体利用可/要充電/WiFi接続/Micro-USB接続/HDMI-Micro端子/マイク端子

レンズ:F2.0
写真解像度:5376 x 2688, 2048 x 1024
動画解像度:1920 x 1080 (30fps / 16Mbps), 1280 x 720 (15fps / 6Mbps)
重量:約125g
参考価格:42,800円
  

THETA V

単体利用可/要充電/WiFi接続/Bluetooth接続/Micro-USB接続/マイク端子/ジャイロセンサー 

レンズ:F2.0
写真解像度:5376 x 2688
動画解像度:3840 x 1920 (29.97fps / 56, 32Mbps), 1920 x 960 (29.97fps / 16, 8Mbps)
重量:約121g
参考価格:56,700円
  

 【Giroptic iO

単体使用不可(カメラモジュールのみ)/iOS(Lightning)用とAndroid(Micro-USB版とUSB-C版)用有り

レンズ:F1.8
写真解像度:3840 x 1920
動画解像度:1920 x 960 (30fps)
重量:70g
参考価格:29,800円
  

Galaxy Gear 360】 

単体利用可/WiFi接続/Bluetooth4.1接続/USB-C接続/マイクロSD/ジャイロセンサー・加速度センサー 

レンズ:F2.2
写真解像度:5472 x 2736
動画解像度:4096 x 2048 (24fps), 2560 x 1280 (30fps)
重量:約130g
参考価格:29,880円
  

以上が個人にも入手しやすい製品でしょうか。

参考までに,8Kレベルのプロ用カメラもご紹介しておきましょう。価格は個人にとって目の飛び出る代物ですが,おそらくこの水準の撮影成果ができて初めて満足できるレベルかも知れません。 360度撮影カメラの進化はまだまだこれからです。

Insta360 Pro

単体利用可能/HDMI/Ethernet/USB-C/WiFi接続/マイクロSD/魚眼レンズ6枚

レンズ:F2.4
写真解像度:最大7680 x 3840 (8K)
動画解像度:7680 x 3840 (30fps/ポストプロセス), 3840 x 1920 (30fps/リアルタイム) 
重量:1228g
参考価格:450,000円