教育学習とICT関心有り人向けマストドン

教育学習ICT分野のマストドンを立ち上げました。

年中行事になってるサーバー見直し作業のついでに、Twitter後継のSNSツールとして注目を集めつつあるMastodon(マストドン)の独自インスタンス(独自サーバー)を立ててみました。

単なるプライベートMastodonを作るのでは意味もないので、インスタンスの趣向として「教育とICTに関心のある人達向け」ということにしました。まだ実験段階なので学校の先生方や業界の関係者を中心に入っていただいて、いろいろ試してもらってからじわじわと広がってもらえたらと思っています。

ちなみに「elict-mastodon」(エリクト・マストドン)と名乗っています。いまのところelict.netというアドレスで開設中です。ちなみにEducation & Learning with ICTが由来です。教育でのICT活用についてはもちろん、情報活用やプログラミング等の教育学習についてもトゥート(書き込み)し合えればと思います。

私のマストドンアカウントは kotatsurin@elict.net となります。

構築のこと。

Mastodonは、個人単位でのインスタンス構築も可能ですし、そういう使い方もありですが、むしろ関心グループ単位で構築するのに向いてるかなと思います。

Mastodonインスタンス構築には、必要なソフトウェア等がパッケージングされた「コンテナ」を導入して動作させるDockerというプラットフォーム環境を利用するのが比較的簡便な方法です。レンタルサーバーを借りるなどして、Docker環境とMastodonコンテナをインストールしてインスタンスの出来上がりというわけです。

しかし、elict-mastodonではDockerは使用せず、レンタルの仮想サーバー上に一からMastodonをインストールする方法をとりました。面倒が増えるので特段のメリットはありませんが、サーバー構築の学習やノウハウを蓄積ができるというのが理由です。パッケージングされたものを使う方が便利ですが、少しでも裏側に触れたいと思うのがプログラミング的思考っぽいでしょうか。

個人やグループが構築した方が面白いはずなのですが、そのための敷居がまだまだ高いので、また少しずつ構築の手順について紹介していきたいと思っています。

ちなみに今回のサーバーは、EX-CLOUDというレンタル仮想サーバー(クラウドVPS)と契約したものを使用して、CentOS7というシステムを選択しています。ドメインも同サービスで取得しました。

学習指導要領案への私のパブリックコメント

2017年2月14日から3月15日まで学習指導要領案に対するパブリックコメントが募集されていました。

政府側にすれば一か月も期間を取っていますから,時間的に不十分とは言わせないつもりでしょうけれど,年度末近くの一か月は,腰を落ち着けて検討するにはなかなか微妙な時期です。

何より,3月15日締切りで11,210件も集まったコメントを,3月31日告示の学習指導要領案に反映させるための検討や作業が2週間弱で足りたのかどうか。むしろそのことの方が国のやっつけ感を漂わせます。

「時間がないのはお互い様」という共犯関係を何とか打ち破りたいとは思いつつ,締切り間際に出すことになった私のパブリックコメントをこちらに残しておきます。

=====

 「小学校学習指導要領案について」
 
学習指導要領案の作成に関する労を多として以下に意見を述べさせていただく。
 
今回の改訂に関して、中教審答申では「2030年の社会」の「よりよい人生とよりよい社会を築いていくため」の教育課程を在り方を検討し、その背景認識には「急速な情報化や技術革新」による人間生活の質的変化等への対応もあった。よって、今回の小学校学習指導要領(案)には,総則だけでなく,多くの教科で「コンピュータや教育機器」と「情報通信ネットワーク」の活用に関する記述が盛り込まれたと受け止める。
 
しかし,各教科の記述バランスには問題が残る。3点述べる。
 
1)各教科「指導計画の作成と内容の取扱」のうち,算数と理科についてはプログラミング体験の要素を入れるため単元レベルの記述があるが,これは学習指導要領の記述として限定が過ぎるのではないか。
 
2)体育「指導計画の作成と内容の取扱」でのみ,他の教科にはない「その際,情報機器の基本的な操作についても,内容に応じて取り扱うこと。」との文言が記述されていることは記述の統一性および教科としての整合性から見直すべきではないか。
 
3)総合的な学習の時間と特別活動を比較した場合,コンピュータや情報通信ネットワークや情報活用能力等に関するについて,量的な差があり過ぎる。学校の日常的な活動における情報活用能力の醸成を考えるのであれば,特別活動における記述を増やすべきである。
 
以上、ご検討いただき,情報化や技術革新を適切に踏まえた学習指導要領の改訂となることを祈る。
 
===== 

(Facebookには掲載したのですが,タイムラインを休止しているので,こちらに再掲するものです。)

私の情報環境

サーバー分散型ミニブログMastodonは、確かにTwitterに登録した頃の訳のわからなさを思い出させてくれる点で後継っぽさがあり、注目を集めています。

インスタンスと呼んでいるサーバー単位の登録が基本で、いまは公式っぽいドメインを獲得して構築した個人によるインスタンスに登録が集中している状態です。そこを含めて、実験段階かなと思います。

いろいろ仕切り直しをしているところで、私自身の情報環境をスナップショットしていないことに気がつきました。教育やICTのことを論じる私がどんな利用程度のユーザーなのか、記録しておくことも大事かなと思います。

=====
■端末機器
MacBook Pro (2014)
iMac (2011)
iPad Pro 12.9
iPhone 6s
Chromebook 11 (DELL)
Chromebox
Keyboad PC
Mac mini
Apple TV (2nd/3rd/4th)
Amazon Fire TV
Raspberry Pi (1/2/3)

■周辺機器
Apple Magic Keyboard (ワイヤレスキーボード)
Apple Pencil (iPad Pro用ペン)
Ricoh PJ WX4141 (単焦点プロジェクター)
Ricoh GX7000 (ジェルジェットプリンタ)
Scansnap iX500 / iX100 (書類スキャナ)
AirMac Express (無線LANアクセスポイント)
Logicool Webcam / Spotlight (ウェブカメラ / ポインタ)
テプラPRO SR5500P (テプラプリンタ)
ZOOM F8 (マルチトラックレコーダ)
Cintiq 13 HD (液晶ペンタブレット)
Transporter Sync (自宅クラウドストレージ)
Insta 360 nano / Air (360度カメラ)
Giroptic 360 / iO (360度カメラ)
QuietControl 30 (ワイヤレスヘッドホン)

■サービス
Dropbox
Google
iCloud
Office365
Adobe Creative Cloud
Yahoo!
Amazon / AWS
Radiko
niconico
Evernote
Omni Sync Server
MetaMoJiクラウド
Edmodo
SlideShare
RealtimeBoard
Pocket
SoundCloud
WordPress
GitHub
Scratch
Twitter
Facebook
LINE
Skype
通販系
銀行系
etc…

■ソフトウェア
Safari
Chrome
Gsuit
Microsoft Office
iWorks
FileMaker
Outlook
Nisus Writer
Calendars 5
GEMBA Note
Notability
LiquidText
Papers 3
PDF Expert
Acrobat Reader
Scanbot
Prizmo
Note Always
Jedit
Ulysses
iA Writer
Scrivener
Google Keep
Evernote
OmniGraffle
OmniOutliner
iThoughts
Graphic
MarsEdit 3
Blogo
MetaMoJi Note / Share
ATOK
Post-it Plus
Kindle
dマガジン
iBooks
SmoothReader
Flipboard
Reeder 3
Reflector
AirParrot
Transmit
Prompt
Coda
duet
Astropad
GarageBand
Gadget
etc…
=====

目的に応じてたまに使うものが他にもたくさんあるのでここに書いたものは普段使うものとすぐ使えるようにしてあるものという感じになります。

やはり完全にクラウド環境ベースの構成だなと思います。クラウド環境ベースにすると複数のデバイスやサービスやアプリ間でデータを連携利用することがやり易くなります。

クラウド環境ベースの一つ手前の世代は、ローカルネットワーク内でファイルサーバー(共有フォルダ/ファイル共有)を利用するという形があり、職場に張り付くような仕事であればこれで不満はないのでしょう。たとえば学校はその傾向が強いと思います。

ところが、世間的にはクラウド環境ベースへと物事が移行していて、利用できるデバイスやサービスやアプリもそれを前提として変化してきているので、逆にクラウドを使わない前提だとできることが限られたり、変に面倒くさくなってしまいます。

特にデバイス単位ではなくアカウント単位に情報環境がデザインされてきていることに対応できないと、導入するデバイスそのものを有効活用できないことはもっと認識されるべきだと思います。

確かにアカウントの管理は大変です。セキュリティの問題も気を使わなければなりません。私自身も主要なサービスはセキュリティ設定で2段階認証などかけています。しかし、そうなるとサブ・デバイスとの連携が必要になることも多いので、それもまた面倒という側面はあります。

とはいえ、もう世の中はクラウド環境は当たり前でアカウント単位で情報を管理する時代です。クラウド環境の利便性とアカウント管理の手間を天秤に掛けたとしても、前者が勝るのは明らかで、むしろそのように全体を仕向けていくようにすることが大事なのだろうと思います。

あなたがいれば

ドタバタと心慌ただしい日々が過ぎています。

そんなドタバタなここ数日、二人の人の訃報に触れました。

遠くに去ってしまったそのお二人の、一人は私がかつての職場でご一緒した先生で、もう一人は直接知らないのだけど受け持っている学生の友人という方です。

そういう知らせに触れたときの私は、どうやらいったん感情のブレーカーを落として、ぼんやりと一つ一つ繋ぎ直そうとするようです。そうしないと自分がもたないという直感でしょうか。あるいは職業柄かも知れません。

とても悲しいのに、悲しい感情に身を埋ずめた途端、埋ずめようとした自分が浮き上がってしまう感覚に陥るのです。悲しいのに悲しもうとする自分を見ている自分がいるのです。いつの頃からか感情の模索に切り替わってしまったように思います。

お二人のことを想像してました。

かつての同僚先生が私の名を呼ぶ調子を、私は実は好いていました。ある意味とても手厳しい方で、理屈の通らないことにはスカッとするほどの毒舌で否定をされる方でした。そんな同僚先生に緊張感を抱きながら、それでも仕事帰りの飲みで一緒にみんなで浴びるほどビールを飲んだとき同僚先生が楽しく笑う姿を私は好いていました。

もう一人である若者のことを、私はほとんど知りません。受け持ち学生の友人であること、そしてその学生がとても悲しんでいることだけが私に分かることでした。それで私は、大学時代の後輩のことを思い出しました。その後輩が、私にとって初めて二度と会えなくなった身近な人でした。後輩は今どうしてるだろう…そんなことを考えたりするのです。

私が去るとき、私は周りにどうして欲しいのだろう。感情の模索はそんな想像へと進み、やがて、少しでも何かを残しておきたいという気持ちに駆られます。時々は人々に思い出して欲しい、そう思っているからでしょうか。

たぶん私はこれからも時々思い出すのだと思います。私の名を呼ぶ調子と後輩のこと、そして友と別れた寂しさを。

新年度初週

今週分の授業が終わって,4月1日から休み無く走り続けてきた新年度初週が一区切り。新入生たちは大学生活をさぐりさぐりで歩み始めたところです。

授業をした後は放心状態に近いので,ぼーっと休みたくなります。一休みしてキャンパスを歩いていると,出くわした新2年生から私を発見したとの声。履修の相談がしたかったそうで,そのまま研究室に戻って一緒に履修科目表と時間割,シラバスなどをにらめっこしていました。

さて,外部から催促されている宿題にとり掛からないと…。新年度初めの慌ただしさは続きます。

rinlab20170407

新入生オリエンテーションを終えて

この数日,新入生向けのオリエンテーションをしていました。

今日は,明日から始まる前期授業のために履修についてレクチャーと登録作業。説明しなければならないことがたくさんあるので,それを整理しながら,でも実際には整理も何もあったもんじゃない状態に突入しながら,紐解いていました。

遠い昔に自分がオリエンテーションを受けた,その記憶を辿ろうとしますが,蘇るのは学生寮の仲間と狭い部屋に集まって履修の手引を突き合わせながら自分たちで登録書類に記入していた微かな情景記憶だけ。Web履修登録ってものが存在していなかった時代です。

2年前に私が1年生担任として最初に受け入れた学生たちが,いまや3年生の先輩として新入生の前に立ち,活動紹介などをしてくれている様子を見ると,感慨深いものがあるというか,時の流れは速いというか。同じ場所に立ち止まっている自分の変わらなさに呆れます。

さて,明日から授業開始。すっかり自分のことは後回しにしていたので,しばらくは自転車操業的な日々となりそうです。でも,最近はもっとゆったりとやればいいのかなと考え直したりもしています。空回りしないように,出だしはもっとゆっくりに。

そして,新入生には,いつもの3つのことを伝えておきました。

  1. 正しいことができるよう気づき考えること
  2. 人に寄り添うこと
  3. 異なること,特に反対のことについても考えること

時に立ち止まって,この3つのことを考えるようにして欲しいと思います。

新たな出発

りん研究室がある徳島文理大学は,本日が入学式です。

全国で新しく大学に入学された学生の皆さん,御入学おめでとうございます。そして大学入学に限らず,年度が始まるにあたり,新しい場所あるいは新たな立場で活動を始められる皆さん,ご活躍を期待しています。

私自身は,1年生の学年担任の一人として新入生の皆さんを迎え入れる立場です。

私が徳島文理大学に赴任したのは2009年で,今年度で9年生が始まります。現在の所属になって3年目なのですが,実はそれ以来ずっと1年生担任です。理由はわかりません。

というわけで,のんびり屋の私にとってはとても苦手なシチュエーションなのですが,年度末と年度初めは,新しくやって来る学生の皆さんのことが気掛かりで,なかなか落ち着かない日々です。

それでも,何かを新たに始める人たちをサポートできるというのはやりがいのある仕事です。そういう風に感じるということは,1年生の担任は向いているのかも知れません。

新しい年度から私自身の情報発信手段を見直して,このブログをメインにすることにしました。

仕事柄もあって,いろんな手段が登場すれば試したり使い続けたりしていますが,そうこうしているうちに,落ち着いてまとめあげてから情報発信する余裕を失っていたこと,ずっと気づいていました。

時間的余裕が失われていることはともかく,散らばった出口を整理しまとめていくことで,発信するためのエネルギーを集められるのではないか。まずは形からでも整えてみようということです。

というわけで,この研究室ブログはこれから,様々な内容が混在し始めると思います。しばらくは私自身のリハビリとして,あまり形やルールは気にせず書き続けたいと思います。

平成29年度になりました

平成29年度が始まりました。

りん研究室は,今年度も徳島文理大学に籍を置き,引き続き「教育と情報の過去・現在・未来を見通したい研究室」として活動を続けます。

また,ブログのデザインも一新して,情報発信場所を当ブログに絞っていくことにしました。

あらためて,どうぞよろしくお願いします。

平成29年告示 学習指導要領(幼稚園・小学校・中学校)

 平成29年3月31日付で新しい「学習指導要領」が告示されました。

 幼稚園教育要領,小学校学習指導要領,中学校学習指導要領の3つです。パブリックコメントを経たということになります。

学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続き(パブリックコメント)の結果について 
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000878&Mode=2

 要領自体は,国立印刷局Webサイトにて,官報(号外第70号)に掲載されたものが閲覧可能です。

官報(号外第70号)目次 
http://www.npb.go.jp/ja/today_kanpou/20170331/20170331g00070/20170331g000700001f.html

 文部科学省Webサイトもパブリックコメントの結果として掲載されています。

学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案,小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の結果について 
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1383995.htm

 

(参考) 松野文部科学大臣会見(平成29年3月31日)はこちら

 

官報号外70号 学習指導要領関係部分だけ一括したPDF 
http://www.con3.com/files/kanpo_gogai70go.pdf 

 

文部科学広報 2017年3月号 
http://www.con3.com/files/monkakoho201703.pdf 

LiquidText (リキッドテキスト) – iPad Proに相応しいアプリ選

PDF文書を読みながら情報や要点の整理の作業をしたいことがあります。書類に下線やメモなどの書き込みをするだけでなく,必要な部分を抜き出して整理するということです。

書込み(アノテーション)をする作業であれば多くのPDF閲覧アプリがその機能を持っていますが,部分を抜き出して整理する作業ができるアプリとなると限られます。

それを非常にエレガントに実現してくれているアプリが「LiquidText」(リキッドテキスト)です。まずはプロモーション動画を見てください。

PDF文書にハイライト線を引くだけでなく,その部分を右側のワークプレイスと呼ばれる領域に抜き出して情報整理できるのです。

その上で,自由に書込みが出きる機能もあります。最新バージョンのプロモーション動画も見てみましょう。

私たちがタブレット端末でやりたかったことの一つは,こういう直感的な情報整理作業ではなかったでしょうか。こうした情報整理をもとに,さらに新たな報告書をまとめたり,整理した結果を発表するための資料を作成したりということだと思うのです。

私自身は国の行政機関や様々な団体から公表されている文書(PDF文書)を読む際に,このリキッドテキスト・アプリを使用しています。たとえば新たな学習指導要領のために審議された結果をまとめた答申は,大変長いPDF文書で,これを印刷して読み解いたとしても情報整理が大変です。

そこでこのリキッドテキスト・アプリに読込ませて,気になる部分をワークプレイスに抜き出し,抜き出した情報の繋がりをつけながら読み進めると,そこまでの要点を可視化したものと合わせて,全体を見通しやすくなります。これは時間を置いて再度文書を読むときにも,自分で作成したワークプレイスのおかげで,再理解の時間も短縮されるメリットがあります。

liquidtext_toushin

「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」のPDF文書を読込んで情報を抜き出したところ。

リキッドテキスト・アプリ自体は無料で配布されています。PDF文書を抜き出し読みするだけであれば,それで十分です。そして,追加機能を使いたい場合には,有料で追加購入することになります。

たとえば文部科学省のPDF文書はいろんな事情から一つの文書を複数のファイルに分割して配布していることが多いのですが,これをバラバラに扱っていると大変です。そこで,リキッドテキストには複数の文書をまとめて閲覧作業できるMulti-Document(マルチドキュメント)という追加機能がアプリ内課金で購入できるようになっています。これは便利です。

一方,リキッドテキストは自由な書込み(アノテーション)機能は有料です。他の無料ノートアプリでできるアノテーション機能が有料というのはちょっと理不尽な気になるかも知れませんが,リキッドテキストの一番の特徴が抜き出した情報の整理であることを考えると,この辺が逆になっているのは仕方ないかなと思います。

上記の2つの機能は1200円で購入することになり,それでリキッドテキスト・プロにアップグレードしたということになります。(マルチドキュメント機能だけは600円でバラ売りしています。)

リキッドテキストは,開発者であるCraig Tashmanさんが,ジョージア工科大学で研究開発されていた成果を実際のアプリとして販売したものです。

LiquidTextのYouTubeチャンネルには,2010年頃に研究開発していたこのアプリの原型ソフトのデモンストレーション動画が公開されています。

リキッドテキストの「リキッド」とは「液状の」という意味。

つまり,Craig Tashmanさんは抜き出した文字のカタマリを液状に見立てて,くっつけ合えるようにすることで,抜き出した情報同士を簡単にグルーピングできるようにしたのです。 私たちがポストイットでやっている作業をもう一歩進化させるためのアイデアということになります。

さらに,PDF文書をピンチ操作すると部分的に縮んでつぶれるように表示するというアイデアを使って,遠く離れたページ同士を同時表示することを可能にしました。それをキーワード検索機能に絡めたところは,現実の紙ではできないことです。 

「こんな作業をするなら確かにパソコンじゃなくてタブレット端末だよね」と言えるアプリは数少ないですし,リキッドテキストはまさにそんなアプリの一つだと思います。

ただ,アプリに対しては好き嫌いがあり得ますので,こういうPDF文書の読み方はしないので私には合わないという人もいると思います。それでも,使わずして食わず嫌いなだけであれば,それは大変もったいない話です。PDF文書をもとに情報整理作業をする必要のある人には要チェックなアプリです。