あの日にかえりたい

令和元年度を経て、令和2年度が始まります。

新型コロナウイルス感染拡大という事態は,昨年12月に中国・武漢の感染者発覚から表面化し、年明けから中国はもとより世界を襲い始めました。

1月31日にようやくWHOが「緊急事態宣言」を出し、日本では2月3日以降クルーズ船「ダイヤモンド・プリセンス」号での感染症対策活動に関する報道を通して,徐々に危機感が高まりました。

その後、2月27日に突如全国的な臨時休校要請が発表され,その他の社会的要請とも相まって,人々の社会的行動や経済的活動に甚大な影響を及ぼして今日に至っていることはご承知のことと思います。

3月2日から始まった臨時休校は,3月20日には要請の緩和方針が打ち出され,文部科学大臣は年度初めから従来通りの学校再開を目指してガイドライン等を準備するといった流れでした。

東京オリンピックの延期決定,そして東京都の感染確認人数の増加と感染爆発(オーバーシュート)による重大局面。国内における「緊急事態宣言」がなされるかどうかを巡って思惑や情報が錯綜しています。

厳し目の予測をして慎重な対応をすることが重要と考えていますが,事態の深刻さにもかかわらず,適切な情報や実感が掴みにくい現状に,正直なところ,何かを考えて語ることの難しさだけが押し寄せていました。

この間,教育とICTの世界に関して言えば,ネットワークとコミュニケーションサービスを利用した「オンライン学会」や「オンライン授業」といった取り組みに注目が集まり、さらに臨時休校中の家庭における学習を支援する様々なコンテンツやサービスの無償提供が注目されました。

オンラインで家から授業を受けるという未来予想図に押し込められていた取り組みが,全国一律の休校要請によって,すべての学校関係者にとって等しく大きな関心事になったというのは,これまで無かった一大事です。

全国の児童生徒1人1台の情報端末の整備をうたったGIGAスクール事業が決定した時でさえ,学校関係者の関心にほとんどのぼらなかったというのに,厄災である新型コロナによってデジタル教材やオンライン授業が関心事にのぼったのは皮肉という感じもします。

しかし,臨時休校緩和の方向が示され,地域の実情に即してとはいえ新年度から従前通り学校を再開するとなってから,盛り上がったオンラインへの関心も(大学を除いて)急速にしぼみつつあります。

基本的に学校は「通常状態」(いつもと同じ)に戻りたがる組織です。

逆に言えば,いつもと違うことを嫌がりますし,何かが起った場合には「あの日にかえりたい」と常に思いをはせる場所でもあります。そうならないために,あらゆることを遮断もします。

ただ,それでカバーできない事態が起ると,学校レベルや教育委員会レベルでは思考停止をする他なく,国レベルの指導を求める傾向が極めて強いのです。

そういう制度的な仕組みにしてしまっているので,良いも悪いもないのですが,少なくとも,何かをより良く変えることが難しいことの一因ではあります。

新型コロナウイルスの感染拡大という緊急事態は、いろいろな側面から,こうした仕組みや体質,傾向などを明るみにする機会となっています。また,これからの学校教育では不測の事態に迅速的確に対応する能力の育成もねらいに込められていることを考えると,現況への対応一つ一つがすでに新たな学校教育の取り組みそのものなのだということも見えてきます。

であるにもかかわらず,驚くほど何もできていない私たちや日本社会の現実について,やるせなさを感じます。

いろんなことでのチグハグさを目の当たりにして考え込んでしまうのです。

たぶん,理不尽な物事にも何かしらの事情や思惑があるのだろうと,違う立場での捉え方に想像を巡らせてみるのですが,限られた情報や知識のもとでは想像にも限界があります。

理屈で考えても納得できないことは幾らもあり,最終的には「今までがそうだから」が理由なのだろう…としか結論づけられないことも多いのです。

私個人は,これを機にいろんな見直しや変化が起ることを臨んでいる立場ですが,一方で、心のどこかで「あの日にかえりたい」と思ってしまう気持ちもどこかで理解できたりします。

感染症拡大は波のように何度も押し寄せて、次第に弱まっていく形で長期に付き合うことになるのだと思います。物事の変化も似たようなものなのかも知れません。一気に盛り上がれば,一気に下がるタイミングもある。それを繰り返しながら徐々に浸透するのかもしれません。

令和2年度も引き続き徳島文理大学にて在職しています。新たな挑戦を模索しながら新年度も頑張っていきたいと思います。

日本教育メディア学会2019年次大会へのお誘い

2019年11月2日・3日(土・日)に徳島文理大学で日本教育メディア学会年次大会を開催します。視聴覚教育の流れをくむ歴史ある学会です。是非ご参加ください。

日本教育メディア学会年次大会
http://jaems.jp/conference/
第26回年次大会会場校サイト
https://sites.google.com/view/jaems2019/

8月19日より一般発表の募集開始となり、9月30日に原稿締め切りとなります。

学会名に付された「教育メディア」に関係する研究は、捉え方次第で幅広いものになると思いますので、どうぞ奮ってご発表いただければと思います。

また、続く11月4日(祝日)には小さな研究会「教育と情報の歴史研究会」を同じく徳島文理大学で開催する予定です。

少し経ってから参加申し込みサイトなどを公開する予定ですが、前日までの日本教育メディア学会とも少し絡ませながら、昭和時代のコンピュータ教育や平成時代のインターネット利用などの歴史を振り返る機会を持ちたいと考えています。

研究発表は学会で、そのあと個々人の私的な振り返りは歴史研究会でできると面白いかなと思います。

元号に意味はないと言えば確かにその通りですが、令和元年という記号を一つの契機として、これまで情報技術などがもたらした変化などを考える機会にできればと思います。

謹賀新年2018

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
りん研究室は蔵書の見える化作業をしながら、資料の本格的な整理に取り組んでいます。新しい年は、そうした資料を少しでも外へ出せる形に変えていく作業を進めたいです。

本年も、教育と情報の歴史研究と教育ICTの最新動向といった、過去・現在・未来を見通す試みを続けていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

徳島文理大学 林向達

探しています『NEW教育とマイコン/コンピュータ』誌

りん研究室では『NEW教育とマイコン』(『NEW教育とコンピュータ』)のバックナンバーを捜しています。ご協力お願いします。

1985年に学習研究社(学研)から創刊され、2007年まで発刊されていた教育とコンピュータ関連の雑誌です。教育と情報の歴史研究のため、所蔵できていない号を入手したいと考えています。

こちらで送料負担をいたします。お譲りいただけると有り難いですが、もし有償でのご提供をお考えの場合は相談させてください。正直、予算がないため、徳島の粗品か何かお礼を…と思います。

連絡先: kotatsurin @ gmail . com

[近況 8/27]1996年〜1997年頃の号をお譲りいただけそうです。引き続き,ご協力よろしくお願いします。
[近況 10/10] 2004年以降のものもたくさんお譲りいただきました。感謝。
[近況 10/16]無事に創刊号を入手しました。引き続き,残りの号も探しています。
[近況 12/1]1986年4月号,1987年9月号,1999年12月号,2001年9月号は入手済
[近況 2/9]前半部分のかなり多くの号をお譲りいただきました。あと8冊!
[近況3/22]2003年9月号をお譲りいただきました。ありがとうございます!
[近況7/9]2003年11月号をお譲りいただきました。ありがとうございます!

Fullsizeoutput 10da0

【捜して入手したい『NEW』誌リスト】

1995年12月号

1996年1月号
1996年2月号
1996年3月号

1999年11月号

20039月号(入手しました[3/22])
2003年10月号
2003年11月号

【見え消しリスト】

19856月号(創刊号)(入手しました[10/16])
198510月号(創刊3号)(入手しました[2/9])

19864月号(No.6(入手しました[12/1]

19879月号(入手しました[12/1]

19901月号(入手しました[2/9])
19902月号(入手しました[2/9])
19903月号(入手しました[2/9])

19929月号(入手しました[2/9])

199512月号

19961月号
19962月号
19963月号

19973月号(入手しました[8/30])
19976月号(入手しました[8/30])
19978月号(ありました[8/21])
19979月号〜199712月号(入手しました[8/30])

19981月号〜19987月号(入手しました[8/30])
19989月号(入手しました[8/30])

19991月号(入手しました[8/30])
199910月号(入手しました[2/9])
199911月号
199912月号(入手しました[12/1]

20001月号(ありました[8/21])
20005月号(入手しました[2/9])
20007月号〜200012月号(入手しました[2/9])

20011月号〜20014月号(入手しました[2/9])
20016月号(入手しました[2/9])
20017月号(入手しました[2/9])
20018月号(入手しました[2/9])
20019月号(入手しました[12/1]
200110月号(入手しました[2/9])
200111月号(入手しました[2/9])

20022月号〜20025月号(入手しました[2/9])
20027月号〜20029月号(入手しました[2/9])
200210月号(入手しました[8/30])
200211月号〜20033月号(入手しました[2/9])

20035月号(入手しました[2/9])
20039月号(入手しました[3/22])
2003
10月号
200311月号(入手しました[7/9]
200312月号(入手しました[9/11])

20041月号〜20045月号(入手しました[9/11])
20046月号(入手しました[12/]
20047月号〜200412月号(入手しました[9/11])

20052月号(入手しました[9/11])
20053月号(入手しました[9/11])
20059月号(入手しました[9/11])

20065月号〜20069月号(入手しました[9/11])
200612月号(入手しました[9/11])

200710月号(入手しました[9/11])

以上の号を捜しています。よろしくお願いします。