遠隔で情報処理演習

職場で「情報処理」という演習授業を担当しています。

コンピュータ入門といった授業なので、大学の勉学で必要となる基礎知識と事務系ソフトの操作演習、プログラミングの触りを紹介するといった内容です。

残念ながら、それほど先進的な内容ではないし、パソコン教室を前提とした諸条件や環境で、一斉演習に縛られがちなことも弱点かなと思います。

そんな情報処理の演習授業もコロナ禍の影響を受けて遠隔授業となっています。

学生たちの操作を直に支援できないし、パソコン教室前提とやってしまったことが裏目に出て、パソコン所持している学生の少ないことが祟り目となり、情報処理演習が遠隔になるなんて悪夢にも思えるところですが、私にとってはパソコン教室から解放されるチャンスとなりました。

パソコン教室は雑にしつらえられたWindowsオンリー環境で、ソフトを起動するとユーザー登録ダイアログを毎回表示したり、使いやすい設定に調整されないまま凍結されていて、さらに某社のPC教室支援システムはまともなパフォーマンスを発揮しないお荷物状態。どんどん使いたくなくなる環境でした。

学生たちは確かに実際に操作できるんだけども、例示がうまく把握できないまま混乱のもと使いにくい条件で操作を続けるので、逆に何やっているかわからないままなことも頻発。指導者の力量不足が主要因である指摘は甘受するにしても、どうしても一対多の演習授業で距離が遠くなっていました。

遠隔授業になって、学生たちの演習環境は乏しくなりましたが、その分、例示と解説がぐっと手厚くなりました。

自前のシステムを例示用に使えるため、Windowsオンリーだった内容が、MacとWindowsを同時並行してみせるだけでなく、スマートフォンとも比較しながら例示できるようになりました。

動画配信なので、例示画面や解説の声もぐっと近くなり見やすくなります。自前システム(普通のMacですが…)だと自由自在に画面を拡大縮小できるので、注目して欲しい部分を拡大し、ポインタで強調することもできます。

「何やっているかわからない」という反応がグッと減りますし、ほとんどの学生が持っているスマートフォンで実演するので、そんなことができるのかという驚きと実際にやってみたいという気持ちを高めているようです。

クラウドの仕組みを理解するのは時間がかかりますが、パソコンで編集したものがスマートフォンでも閲覧することができるといった連携の便利さを実感できれば、実務での利用にもその感覚はプラスに働きます。

実際のところ、学生たちは対面による演習授業も求めているので、複合型で進められるとよいのですが、そのためには各自がパソコンを所持する状況に転換することが必要かなとも思っています。

GIGAスクール時代となり、一人一台は当たり前になりつつありますので、大学での情報処理演習といった入門的授業は、よりコンピュータ科学的な専門性を高めるか、あるいは複数プラットフォームを自在に横断するといったより高度な実用スキルを身に付ける方向などに進化していくことが求められるのかなと思います。


ちなみに自前システムは…

  • macOSをベースに…
  • Parallels Desktop上で動作するWindows10
  • Reflector4で画面受信するAndroid
  • Reflector4で画面受信するiOS

といったところ。M1 Macになって、これらがファンも回らず軽々動作するようになったので、ますます便利です。

Appleデバイスを下取りに出した

Appleデバイスが明確に世代交代時期を迎えている。先日は、M1世代のマシンとして新型のiMacとiPad Proも発表され、

私自身、多数のAppleデバイスを保有してきた。旧モデルは手元に残して、一部は教材用に活用したり保存していた。実家にはポリタンクと呼ばれたG3 Macや、いまでもデザインが語られるG4Cubeが残っているし、iPhoneやiPadもいろんなモデルが家や職場のあちこちに置いてあった。

冒頭書いたようにAppleデバイスが大きなスパンで世代交代期を迎えていることもあるので、そろそろ下取りしてもらえるAppleデバイスに関しては下取りに出そうかと思った。

Appleの下取り関連Webページはこちら。

もう値もつかない旧機種はまた別の機会にリサイクルに回すとして、値がつくものは今のうちにAppleに下取ってもらうことにした。

今回はiPhoneの旧モデルを3つ、たまたま訪問する機会があったので店舗に持ち込んだ。スタッフの方も特に戸惑うこともなく下取り手続が始まった。あらかじめApple IDからのサインアウトと端末リセットをかけておけば、あとは店頭で端末番号などの確認をして下取り可能かどうかをチェックするだけ。問題なければ見積金額分のApple ギフトカードが発行される。

金額はそれほど期待できないが、ちょっとした買物の支払の足しにはなった。


事のついでにiPhone3Gを見つけたので、久し振りに起動してみた。

とにかくサイズが小さくて、iPhone12 miniとかよりminiサイズ。このサイズで、この動作速度でよくもまぁ熱狂的に入れ込めたなぁと思う。でも、今でもなんだかマジカルな魅力を放ってもいる。

それとiPod nano(第7世代)も放ったらかしていたものをもう一度使い始めてみた。

Apple Musicとかのサブスクリプションには対応しないので、音楽プレーヤーとしては時代遅れになっているけれど、昔のライブラリを聞く分には問題ない。手動ならば普通にAirPods Proと接続することもできるので、非常にコンパクトな音楽リスニングデバイスのセットにもなっている。意外とクールかも。

教師のバトン

2021年3月26日から開始された「#教師のバトン」プロジェクト。

文部科学省による官製プロジェクトとしては異例なほど注目の的となり、学校の先生たちの仕事にまつわるツイートが玉石混交問わず集まり続けている。一種のゲートウェイ(接合点)のようなハッシュタグとなった。

幾度か、そこで展開している事態や現象について論じてみようかと思ったりもしたが、著名人たちが首尾よく反応してポジションオピニオンを記すのを見て、その気持ちもすっかり萎えてしまった。

このプロジェクトにアドバイスをしているであろう人々の生真面目さも、当事者の自作自演的な構造から脱する回路が認められないところを見せられると、何かを言って傷つけるより、そっとしておいてあげるのが一番という気にもなる。

ハッシュタグを検索すればツイートを参照することができる。 https://twitter.com/search?q=%23教師のバトン

2021年4月11日22:30すぎで2万6千のツイートがなされたと記録(Yahoo!リアルタイム)で見ることができるが、魚拓のためTogetterで収集されたツイートは3万を超えている。ツイート収集条件やリツイートの扱い、すでに削除されたものなどの数え方の違いもあると思うが、とにかく3万ツイートは超えて現在も増加中である。

感情の割合グラフは、単語の分類にもとづいた単純な判定だと考えられるので、ツイートそのものがポジティブなのかネガティブなのかを分析したものではないと保留を付けたほうがよい。とはいえ、実際にツイートを参照していったときの印象をわりと齟齬なく表した割合とも感じられる。

ツケを払う時期が来ていることは明らかなのだが、払うだけの懐が用意できていないのも事実。取り組む順番にこだわっている余裕はないはずだが、順番を飛び越せるほど単純な仕組みでないのもまた事実。意地を張っている場合でないことは誰もがわかっているけれど、誰かのプライドが許さないだけで動けないことがあるのもまた現実。

解法は一つではないし、自然解決することもないなら、考え続けるしかない。そのための素材が差し出されている。

今年のエイプリルフールネタ裏話

今年のエイプリルフールはネタはこれでした。

本物はこちらで公開されているもの…


説明が必要なジョークほど野暮なものはないので、正直ネタとしては失敗だったと思います。しかも、前日には有識者会議の中間まとめも登場していて、ネタがちょっと埋もれた感じになってしまいました。関係する議員連盟でも教育データの話題で盛り上がっているようです。


製作作業としては、PDFファイルをAdobe Acrobatで読み込み、PowerPointファイルとして書き出したものを編集するかたちで進めました。表紙タイトルの文字フォント指定をちょっと間違っちゃったのを除けば、まあまあそのまま。

本来であれば、もっと笑える側に振り切るか、辛辣な皮肉側に振り切るかすべきでしたが、準備時間も多くはとれなかったので、小手先編集で終わったネタでした。可能であればご笑覧ください。


やればできるじゃない_20210401

令和3年度が始まりました。

昨年度に進められたGIGAスクール構想の実現整備によって、今年度から全国の小中学校に情報端末が配布された状況となりました。一部、物資納品の遅れなどによって手にしていない学校もありますが、基本的には児童生徒数分の端末が学校に存在することになったのです。

関係者の皆さんは、ここに至るまで、またはここからしばらくは、尋常ではないご努力をなされていることと思います。まずはそのことを素直に労いたいと思います。

日本という場では、何事も一律に展開しないと気が済まないものですが、そのために概して時間がかかったりして、いつも結果が中途半端になりがでした。今回の情報端末整備の事業も、本来であれば4〜5年かける計画でしたから、また途中うやむや雲散霧消するだろうと誰もが想像していました。そこにコロナ禍でした。

人間だと誰も全面的な責任を引き受けたくはないから、薄めて延ばしてペラペラにしてしまうところを、すべてウイルス感染拡大のせいにできる混乱が引き受けていってしまいました。やればできるじゃない…というのは、この状況下には不適切な言葉ですが、日本の教育の情報化の変遷を眺めていると言いたくもなる一言です。

年度開始にあたって、今一度、現行学習指導要領(2017年改訂)を確認することから始めましょう。

そして、中央教育審議会答申である「令和の日本型学校教育」の構築を目指してを押さえておくことが重要です。

ICT利用は、ルーチンワークをこなして定着させていくことから始まるでしょう。

たとえば児童生徒の朝のルーチンとして端末起動したら、バッテリー容量を確認する、ネットワーク接続を確認する、メールのチェックをおこなう、デスクトップやアイコンの並びを整理しておく、健康アンケートにこたえる、など定型作業を設定することです。

朝のルーチンが定着すると、その日に端末を使う授業があれば、事前準備や予習につながっていくかも知れません。あるいはそうアシストや仕掛けをつくっていくことが可能になります。