カリキュラム論2018

夏の集中講義二つ目は椙山女学園大学「カリキュラム論」でした。

教職課程の授業科目であり,主に家庭科教員や栄養教諭などを目指している学生が受講してくれています。15回の授業を4日間連続で消化するので,一度始まればジェットコースターの如く展開します。

教育課程に関する理解と学習指導要領の変遷はもちろんのこと,教育評価にも意識を向けてもらうため評価規準表の作成にも取り組んでもらうのが定番のメニュです。

平成29年と平成30年に学習指導要領が改訂したばかりなので,そこで目指された方向性を,公的資料も読み解きながら紹介していきました。

なにしろ伝えるべきことが多い科目なので,評価規準表や授業指導案の作成作業も確保しながら,怒濤の一方向講義,しゃべりっ放しの4日間でした。アクティブ・ラーニング型を指向する今日では完全にアウトな講義だと思われそうですが,そこはこちらもプロとして脳みそフル回転していますから,あの手この手で受講生の脳みそも巻き込んでました。

残念ながら,一つ一つのトピックスを深く掘り下げるところまではいきません。むしろ,今までどこかで学んできたことを繋げていく作業をしていました。繋げ方の一例を提示して,そこから派生的に学びを広げてもらおうというアプローチだったともいえます。

「別の授業で学んだことが出てきて,より詳しく理解できた」というコメントもたくさんもらいましたが,既有知識の関連構造を見直す機会がどこかで必要だとすれば,この夏の集中講義がよいタイミングだったのでしょう。

不思議と講義中は「カリキュラム」という言葉はほとんど使いませんでした。「カリキュラム・マネジメント」という言葉も注目を集めていますが,こちらの言葉は結果的に何も触れずに終わったように思います。

最終日の講義でようやく「カリキュラムとは何か」を考えました。

ご承知のように「学習指導要領改訂の方向性」で示されたように「何を学ぶか」だけでなく「何ができるようになるか」「どのように学ぶか」が求められるようになりました。

学習指導要領がその部分までカバーすべきかどうかの是否は問われるべきですが,カリキュラムという範疇で考えれば,これらを踏まえることは重要なことだといえます。さらに各教科の「見方・考え方」をあらためて考え直してみる,明確にし直してみるという方向性も,今後は学習指導要領の教科構成の在り方自体を見直す議論へとつながっていくべきと思います。

デューイは,カリキュラムとは学習経験の総体だと述べました。

学校教育は,その一部分に関われるだけですが,人が得た経験の繋ぎ方を組み換える術を紡ぐことに関われるのだとすれば,それはなかなか興味深くチャレンジングな仕事ではないかと思います。

4日間の講義は「あっという間に終わった」そうで,当初は猛暑の夏休みに授業を受けなければならない状況に意欲喪失していたそうですが「意外と楽しかった」のだとか。

今年も悪くない印象でカリキュラム論を終えられたようです。

現代授業メディア論2018

本務校の授業と試験が終わると,次は夏の集中講義でした。

一つ目は鳴門教育大学で「現代授業メディア論」という講義を担当しました。2年毎1回開講です。

大学院の講義でもあるので,主題の「現代における授業とメディア」について受講者とともに考えるというスタンスで取り組んでいました。

「メディアとは何か」「授業とは何か」「現代における授業にとってのメディアとは何か」などと螺旋的に考えながら,その過程で授業で使えそうなメディア・ツールを紹介していました。

この講義の記録として利用するために毎度紹介しているのがRealtimeBoardです。HTML5ベースのコラボレーティブ・ホワイトボードサービスで,共同編集できる広大なデジタルホワイトボードを提供してくれます。

共同編集ホワイトボードのようなツールは,協働学習に使えそうだという「ほのかな期待」をよく寄せられますが,正直なところ,授業の中で使うには向きません。というのも,複数の人間が編集可能な状態にあるボードというのは,個々人が全体の現況を把握することが難しくなるという問題点があるからです。情報を集約して整理する場所を提供してくれるツールとしては有用ですが,学習を個に返していくためにどう活用できるか考えずに利用すると,単なる覚書ツールの域を出ることができず,その覚書も忘れられて終わりがちです。

そのような弱点はあれど,大学の講義の中でのやりとりを記録して共有するツールとしては便利な側面もありますし,情報を掌握している限りではグループの情報整理や成果を披露するツールとして有用なので,この手のサービスがまるっきり使えないわけではありません。

今回紹介したRealtimeBoardの他にも,A Web WhiteboardBeeCanvasといったサービスが独立系の企業としてサービスを提供しています(この手のサービスは他にもいろいろありそうです)。いずれもWebベースのサービスとして開発されており,Webブラウザがあれば利用可能です。

大手プラットフォームもコラボレーションツールには力を入れているため,Microsoft社はMicrosoft Whiteboardを,Google社はJamboardを提供しています。

ちなみに日本発のサービスとしてはコラボノートschoolTaktが知られています。その他にも授業支援システムを提供しているサービスの中には,同様な機能を有しているものがいろいろあります。

この方にもいくつかのツールをご紹介する中で,公衆インターネットへの接続を前提としたクラウドサービスが使える場合はよいけれども,強くフィルタリングされてクラウドサービスを自由に使えない状況にある公立学校ではどうすればよいのかといった問題を議論したり,ツールとメディアは何が違うのかといったことなどを議論をしました。

授業スタイルのことや,発達心理学や認知心理学の知見を踏まえたり,ソサエティ5.0や人工知能などによってもたらされる世界における人間の感受性をどう考えるかといった受講生同士の議論は大変興味深いものでした。人間的なものを大事にしたいと考えたときの私たちが考える「人間的」とは何なのか。場合によっては人形に対しても人間的なものを投影できる私たちの感覚機能なら,人工知能やロボットに対しても何ら違和感を抱かなくなる,そういう世代が主役の時代がいずれ来ることも十分あり得るのではないか。

ちょうど「トランセンデンス」という映画を見たタイミングでもありましたし,少し前には海外ドラマ「ウエスト・ワールド」(シーズン1)を見たことが,いろいろ頭の中で駆け巡ったりしました。

現代授業メディア論の主題からはだいぶ離れてしまう話題ではありましたが,授業でのメディアが何を媒介するものであるのかを考えるときには,こうした近未来的な世界に対する感覚を想像することも大事なのかも知れません。

未来に向けて,教師の役割がどう変わっていくのか。

さらには,その役割を担保する関係性を児童生徒学生との間に保つことは可能なのか。

逆に宿題をもらった集中講義でした。

プログラミング体験の入口へ

 先日,徳島新聞に学生たちの活動が紹介されました。5月に附属小学校の児童を対象として行なったプログラミングたいけん教室のことです。私も手伝った教員としてコメントを掲載していただきました。

 徳島新聞の教育関係連載の一つなので,記事自体は,プログラミングを学校教育で扱うことは決まったが疑問点も多く準備が始まったばかり,という内容です。その中でも,一部の前向きな学生たちは積極的に取り組み始めているという事例としてご紹介いただいたと思います。

 徳島県内では,県西にある三好市で学校外活動ではありますが,「コーダー道場 三好」(CoderDojo Miyoshi)というプログラミングを学ぶ場が先駆けて活動を始めており,中学生が道場主であることでも注目を集めました。

20180312「プログラム道場、先生は中学生 徳島・三好で四国初開設」(徳島新聞)

 徳島県の県政や商業関係はICT関係を常に意識した取り組みをしており,この分野への関心が薄いというわけではないのです。ただ,先頭集団が新しいことにキャッチアップを続けているのを,一般県民などは遠くで様子見しているという構図が長く続いてしまって,温度差が固定化したのだと思います。

 とはいえ,いよいよ小学校でのプログラミング体験も始まりますので,慌ただしく準備が始まるでしょうし,学校の先生方は今後気長に付き合っていくことになるでしょうから,まずはいろいろ体験してみることから始めて,徐々に蓄積を増やしていくことが重要になります。

 体験して理解するなら集中的に取り組んで数ヶ月もあれば十分ですが,これを学校で扱っていくノウハウを溜めるには,少なくとも10年は先を見据えて,最初の5年間を長期的な教材研究期間だと考えていく覚悟が必要です。

 さて,私たちも秋に向けてまた仕込みをしなければ。

20180513 「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」

2018年5月13日、仙台で「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」という催事があり、参加させていただきました。こちらも『情報時代の学校をデザインする』という本絡み。翻訳チームのリーダである稲垣忠先生が関わられている別のプロジェクトの成果報告と合わせて、本に触れるという感じのイベントでした。

催事の前半にNTTドコモさんがバックアップしてくれた実証研究の報告が小学校の先生方によって行われ、休憩の後、協働でのICT活用という部分で私が少し話したり、NTTドコモさんから話があったり、最後は会場でディスカッションしようという組み立て。

当日は仙台ハーフマラソンにも関わらず、催事取材に多くの地元マスコミが集まってくださったようで、テレビ取材カメラもバシバシ撮影していたのですが、その夜に放送、配信されたニュースはこんな感じ。

テストの平均点が2倍に!!タブレットPCを小学校の授業に活用で:仙台放送」(Yahoo!ニュース)

NTTドコモなどが実証研究 タブレットPCで点数2倍」(仙台放送)

前半の報告で、算数の事前・事後テストの結果を全体と上位群、中位群、下位群に分けて正答率の伸び率をグラフ化したスライドがあり、それが大変印象的に見えたらしいのです。

おかげで後半部分はまったく触れられず、無かったかのような扱い。河北新報のマラソン応援旗を振り過ぎて仙台放送に避けられたんだという話もありますが、これでは何のためにずんだシェイクと麻婆焼きそばを食べに来たのかと思ってしまいます(テレビに映らずホッとしているのも事実ですが)。

そもそも、勉強する前と勉強する後で点数が上昇するのは当たり前。「タブレットPCで点数2倍」というのは「紙の教科書で点数2倍」というのと同じくらいに当たり前。新しく学ぶ内容なら、2倍なんて伸び方は少ない方です(タブレットPCで1倍以下マイナスにならなかっただけマシ)。でも最近の子供達は事前に塾や通信講座で勉強していることもあるので、そういう子が多ければ事前事後の差が少なく2倍以下になるかも。

その辺は事情を知っている人たちから補足説明があれこれ発信されていますので、お読みいただければと思います。

お騒がせしております。」(阿部さんのFacebook)

「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」実践紹介詳細レポート(2018年5月13日)」(教育ICTリサーチブログ)

あのスライドから読み取るべきは、「タブレットPCの活用が下位群の子供達の学びにグンと役立つ、かも知れないね…(仮説)」というものであり、それ以上でも以下でもないというところです。その仮説だって、「もしかしたら紙の教科書も下位群の子供達の学びにグンと役立ってるかも知れないね」と言われたら、特段のメリットもないことになりますので、これからまだまだ実証研究を重ねなきゃね、教育委員会さん、NTTドコモさん、引き続き支援よろしくね、ということに話がつながっていくわけです。

というわけで、すっかり注目をかっさらわれてしまったわけですが、私の話は、「つなげるICT」と『情報時代の学校をデザインする』の話。

協働でのICT活用について稲垣先生から話を振られたので、このブログでも以前書いた「授業でのICT活用を摑まえる」の図をご紹介して、他者との関わり合いにおいてICTが大きな力を発揮するかもね、という話をしました。

それで、工業時代と情報時代という話になって、過日、滋賀県で行なった話を簡単にご紹介したわけです。

つまり、「工業時代の教育」と「情報時代の教育」という話をすると、いまの学校は依然として工業時代の教育を行なっているんだという話になりがちで、そうなると聞いている教師の側は、自分のやっていることが自分自身をひっくるめて「工業時代の教育」という時代遅れをやっているのだと、それは古くて、お払い箱なんだと聞かされれば、いま教師である自分自身が捨てられる扱いなのだと聞こえてしまう。

この本が書かれた米国や海外であれば、正論を真正面から書いたり発言しても、「なるほど I see. あなたの言っていることはもっともだ。私たち教師も変わらなければ、Yes, we can!」なんて話になるんでしょうけれども、ここは日本なので、そういうことにはならないわけです。

というわけで、本を訳しておいて何なんですが、この本を扱う時は、日本の文脈に配慮したよみかたと受け取り方をしなければならないわけです。でも「タブレットPCで点数2倍」とかで舞い上がって、後半の人の話を取材しない人達がいる日本ですから、本当に「ちょとまってちょとまってテレビマン」しないと、ちゃんと聞いて理解してもらう姿勢が生まれません。そういうシチュエーション(状況)をこちらが作ってあげる必要があるのだろうと思います。

それで、私の話は簡単で、実は日本に限らず先生たちのマインドはすでに「情報時代の教育」を志しているのだということです。

情報時代の教育の内容を聞いて、それを否定しようと考える教師はどこにもいないわけで、問題は、それをさせてくれるような条件や環境にないということ。

日本の学校教育でいえば、ある人は「学習指導要領体制」が問題なのだと表現するでしょうし、ある人は「通知表や評価」が問題なのだと表現するかも知れません。もちろんある人は「日本的学校文化」という問題を指摘するでしょう。

ある人達がするように「日本の先生たち」が問題だと表現することも可能ですが、おそらく個々の先生方は「情報時代の教育」がもつ特徴を理解しているはずです。

仮に自分たちが工業時代の学校制度の中に位置付けられているとしても、先生たちのマインドはすでに情報時代を受け取れている部分があるはず。であるなら、それが前面に出せるように従来の様々な縛りを丁寧に「解除」していくことが大事なはずです。

この本の中でツールの役割について語られている部分はありますが、それは全体の一部です。『情報時代の学校をデザインする』の6つのアイデアを検討していくと、日本において教師を縛っている解除すべきものが山のようにあることが、いろいろ見えてくるはずです。

ICT活用は、新しいものを取り入れるという意味において、日本の学校やその仕組みを見直す契機になりやすく、それ故に解除すべきものの多さに頭を抱える、工業時代の教育と情報時代の教育の狭間を揺れ動かざるを得ない困難さが伴います。

そこを渡って、なんとか向こうへ行くには、勢いも必要ですし、丁寧な計画や仕掛けも必要だったりします。そうした様々な状況に応じた様々な手段を上手に使い分けなければならないわけですが、そのためのコンセンサスを作る機会がなかなかないことが、私たちの苦しい状況を生んでいるのかも知れません。