Society5.0にたどり着く前に

ブログを一休みしている間にも,世にはたくさんの言葉が投げ込まれては宙に浮かんでいます。

たとえば,「Society 5.0」という言葉が今年初めから政府広報で発信されています。もともとは2016年1月22日に閣議決定された「第5期科学技術基本計画」の中で取り上げられた言葉です。日本語では「超スマート社会」と呼称されています。

このための議論は2014年末から始まった「総合科学技術・イノベーション会議 基本計画専門調査会」で行なわれ,諸外国の事例も参照しながら「デジタル・ソサエティ」や「超スマート社会」という言葉を交わしていく中で,計画がまとめられていきました。

国家の科学技術に関する基本計画ですから,高みを目指した目標を掲げることは必然です。

その分には,「超スマート社会」という言葉や「Society 5.0」という言葉を操作的に定義して,様々な施策の新規性を明確にすることも問題ないと考えます。

しかし,異なる文脈に持ち込もうとする際には,用心が必要だと思うのです。文脈が違えば,新しいものが持ち込まれると混乱が生まれる可能性もあるからです。

たとえば文部科学省と経済産業省が次のような報告書や提言を出しました。

20180605「Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会」(文部科学省)

20180625「「未来の教室」とEdTech研究会 第1次提言」(経済産業省)

これらは,先の科学技術基本計画,つまり国策の流れに沿うものとして,それぞれの省庁から出されました。いずれも教育にかかわるものなので,両省の関係者は裏で調整をしながら,国が志向する新たな社会における教育の姿を描写しようと努力したわけです。国の仕事としては順当な流れです。

しかし,教育の分野は,新しい社会の新しい教育の姿を描く以前に,現行制度が目指しているものを維持することすら難しい局面に立たされています。平成29年と平成30年に改訂された学習指導要領は,現行制度のもと可能な範囲で変革しつづける社会に対応すべく大胆な見直しが行われましたが,それを担うには現実が追いついていないというのが大方の認識ではないかと思われます。

つまり,私たちは現行制度内での改革に立ち向かっている途上にあって,Society5.0時代の教育や「未来の教室」について新たに語っているという構図の中にいるのです。

これらを別々のものと考えるか,同じ延長線上のものとして考えるのか,論者によって様々です。

一般の人々にはどちらの話も十分伝わってないのではないか,という根本問題があることも加味しなくてはなりません。ブラック部活やエアコン問題でさえ,議論は混沌としたままであることを思うと,Society 5.0と投げかけられても「何それ,おいしいの?」という反応だってあり得ます。

そういう意味では「未来の教室」というフレーズを使い「Socirty5.0」を用いなかった経済産業省は一枚も二枚も上手といえるかも知れません。ただ「50センチ革命」を推すあたりは,いかにもビジネス書水準を感じさせます。

一般的に研究者は,新しい言葉を用いる際,その必然性・必要性について厳しく自問します。

新しい概念を指し示すために,新たな言葉を用いたい場面は多々ありますが,それが単に新しさを醸し出したいだけで用いられると,いずれ言葉が廃れるだけでなく,廃れた言葉が議論を混乱させる原因にもなってしまいます。

もちろん,あえて新しさを強調することで人々の注目を集めることを目的とする場合もあります。

政府方針や施策を知らしめる場面は,これにあたるのかも知れません。

その意図を汲み取るなら,ここに出てくる新しい言葉に目くじらを立てるような対応をする必要はないだろうとは思います。「Society5.0」の前に「Society4.0」はどうなったのかとか,なぜ「50センチ」なのか,「30センチ」じゃまずいのかを問い詰めたところで,さしたる根拠は出てこないだろうからです。

とはいえ,ときどきは宙に投げ出されて漂っている言葉の交通整理は必要かも知れません。

もう少し様子を眺めてからあらためて考えてみたいと思います。